スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

二重まぶた整形への不安について

二重まぶた整形への不安


 二重まぶたに整形したいという人は多いと思いるのですが、整形する際にどうしても気になるのは、やはり失敗例のことでしょう。巷では、美容整形で美しくなったという広告や体験談があふれている一方で、美容整形に失敗したという「怖い話」もよく聞きます。こんな話を聞いたら、誰でも不安になってしまうのですね。


 二重まぶたの整形に関して言えば、事前にきちんとした知識を得て、段階を踏んで手術を受けるならば、あまり失敗を恐れることではありません。


 二重まぶたの整形の場合、「埋没法」という、失敗しても元に戻せる方法があるのです。これで成功しない例は稀ですから、本格的な二重まぶたの整形をする前に、埋没法を試してみてはいかがでしょう。
スポンサーサイト

2037年10月15日 未分類 トラックバック:6 コメント:2

二重まぶた整形について

二重まぶた整形


 二重まぶたの整形は、美容整形の中でも多く行われるものの一つで、プチ整形のカテゴリーにも二重まぶたの整形があるのです。


 二重まぶたの整形にはメスを使う「切開法」と、プチ整形と言われる「埋没法」があるのです。特にプチ整形である「埋没法」は、失敗しても元に戻すことができるため、医師の方でも、二重まぶたの整形の場合は、まずはこの「埋没法」から勧めることが多いようです。


 二重まぶたの整形は、技術的には簡単ですが、顔の印象をかなり変えてくれます。顔の美容整形をお考えの一重まぶたの方は、まずは二重まぶたのプチ整形から入ってみてはいかがでしょう

2037年10月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

鼻の整形について

鼻の整形


ここで二重まぶたからちょっと離れて、鼻の整形についてお話します。

鼻の整形術には、「隆鼻術」「鼻尖縮小」「鼻翼縮小」「わし鼻形成」など、さまざまな整形法があります。


鼻の整形についていくつか紹介します。


自然に鼻筋を通すには、シリコンプロテーゼ(シリコンインプラント)を入れる方法が一般的になっています。


小鼻縮小には、外側法があります。鼻の穴の膨らみの改善だけでなく、土台から鼻の幅を狭くすることができるのです。


鼻尖縮小には、鼻の皮下の軟部組織・軟骨を削り、軟骨縫合を行い、術後にギブスをする方法というものがあります。


鼻先の延長には、シリコン+耳介軟骨移植があります。


大体どの鼻整形手術も、平均手術時間は2時間から3時間で終ります。

2037年10月11日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

プチ整形の代表例について

プチ整形の代表例


 プチ整形はその手軽さで人気ですが、プチ整形の例としては、どのようなものがあるのでしょうか?


 プチ整形の代表的なものとしては、たとえば以下のようなものが挙げられます。


 ・二重まぶた

 ・隆鼻

 ・唇、アゴのラインの整形

 ・シワやたるみの除去


 プチ整形は、基本的にメスは使いません。そのため、整形できる範囲に限界があるのですし、持続期間が短いものもあります。


二重まぶたに関しては、プチ整形での方法(この場合は細い糸を使いるのです)でも、ほとんどの場合はきちんと二重まぶたになるのです。またプチ整形は、傷跡や痛み、失敗といったリスクも少ないので、上記のような内容の美容整形を検討している方は、まずはプチ整形で試してからでも遅くはないのでは。

2037年10月10日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

美容整形とは

美容整形とは


 美容整形には、皮膚のしわとり、二重まぶた、隆鼻、豊胸などがあるのです。いずれも病気にかかっているわけではない、正常な組織に手術を施すものであるため、保険は適用されず、費用はすべて自己負担ということになるのです。

美容整形は、現在では多くの人が、以前よりも気軽に手術を受けているのです。

 美容整形によって、容姿を美しくしたい人は後を絶ちませんが、特に顔の場合、手術の結果が自分のイメージと異なったりすることも多々あるのです。前述のように、美容整形の手術費は決して安いものではありませんから、実際に美容整形の手術を受ける場合は、本当にそれが自分にとって必要なものなのか、十分に検討してから受けるようにしてください。

2037年10月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。