スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「日本のWeb 2.0」でオライリーとジョーイが対談

★パール/ドラムセット Export EX825/B-DSL
 11月15日から2日間の予定で、東京・渋谷で「Web2.0 expo Tokyo 2007」が開幕した。Web2.0関連技術やサービスを持つ企業が会して展示を行っているほか、技術セミナーやトレンド情報のレクチャーなどが行われた。

 1日目の15日、朝一番に行われた基調講演には「Web2.0」というキーワードの名付け親で、技術系出版社「オライリー」の創業者CEOであるティム・オライリー(Tim O'Reilly)氏が登壇。「Bringing Web 2.0 to Japan」と題してネオテニー 代表取締役社長の伊藤穣一氏と対談を行った。


●Web 2.0が生まれた西海岸と、生まれなかった東海岸の違い

 対談はオライリー氏が伊藤氏に対して“日本のWeb 2.0”の現状と今後の見通しを聞くというスタイル。


expo最新情報は・・・★即出荷OK プリーザー社製 セクシーブーツ EXPOSE-2050★



伊藤氏は日本のインターネット黎明期からデジタルガレージやインフォシークなどのIT関連事業を興し、現在はベンチャーキャピタリストとして日米のベンチャーの橋渡し的なビジネスを行っている。最近ではテクノラティ・ジャパンの取締役、シックス・アパートジャパン会長、ICANN理事、モジラ・ファウンデーション理事なども務める。

 日米双方の動向に詳しい伊藤氏の目から見た、現状の日本の状況は「方向性としては、確かにWeb 2.0の方向に進んでいる」(伊藤氏)ものの、Web 2.0の本格的な波がやってくるための環境が徐々にできつつある状況だという。

 日本にWeb 2.0が入りづらい条件として伊藤氏が挙げるのが、大企業や規制など既存の“エスタブリッシュメント”の存在と、日本のドメスティック市場の大きさ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


★即出荷OK プリーザー社製 セクシーブーツ EXPOSE-2050★


◆expo関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆expo関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年11月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。