FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

美容外科過誤問題:県への苦情・相談殺到 行政、医療の是非問えず /茨城

■送料・代引無料■【シースキンホワイトマスク8枚】美容外科のトップランナー共立美容外科が蓄...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000022-mailo-l08
 ◇豊胸訴訟の被告医師に
 美容手術を巡る医療過誤問題を起こした東京都品川区の稲吉浩司医師(45)について、県に04年度以降44件の相談や苦情が寄せられていたことが分かった。05年度は県への美容外科関連の苦情・相談総数の半数を超え、県が注意喚起を図る事態にまで発展していた。
 稲吉医師は04年1月から06年8月にかけて、水戸市やつくば市、福島県いわき市に3院の美容外科を開設した。県厚生総務課が設置する医療安全相談センターに寄せられた稲吉医師の手術や治療費用などについての苦情・相談件数は04年度8件(美容外科関連の相談・苦情の総数は16件)▽05年度20件(同34件)▽06年度15件(同40件)▽07年度1件(同17件)だった。


美容外科最新情報は・・・■代引無料■【フェリチッタローズスリムティー】プロが認めた超本格派ダイエットティー




 「豊胸手術を受けたが、その後手術個所が化膿(かのう)してしまった」「今日、契約すれば安くする」「手術後、全身麻酔が覚めず意識がはっきりしないのに、帰って下さいと言われた」。相次ぐ苦情・相談に、医療安全センターは05年12月1日付で、それらを元に注意喚起の文書を作りインターネットに公開した。
 ただ、同課によると、医療に関する苦情や相談を行政で受けても、具体的な対応は日本美容医療協会、法律相談窓口を紹介するなどに限られ、医療行為そのものを止める手段はなかったという。
 同課の担当者は「医療行為に問題があるとしても、その是非を問えるのは裁判などに限られる。法的には行政が口を挟む立場にはない」と説明する...

ニュースの続きを読む


■代引無料■【フェリチッタローズスリムティー】プロが認めた超本格派ダイエットティー


◆美容外科関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆美容外科関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年11月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。