スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日米の先駆者が語るWeb2.0の行方

An Exposition of the Epistle to the Romans
 Webにおける最新の技術開発とビジネスの事例を紹介するカンファレンス「Web2.0 expo Tokyo 2007」が11月15日に東京都内で開幕した。基調講演には「Web2.0」を提唱した米オライリー出版のティム・オライリーCEOが登壇。インターネットを取り巻く日米の状況について、ネオテニーの伊藤穣一代表取締役社長と対談を繰り広げた。

 「1.0は企業や個人が閉じた世界を作っていたのに対し、2.0では互いに協力して価値を生み出すもの」――オライリー氏はWeb1.0を持ち出し、Web2.0の特徴を(情報の)開放性にあると述べた。

 続いて伊藤氏が登壇。オライリー氏が伊藤氏にテーマを投げかけ、伊藤氏が日本の、オライリー氏が米国の状況を説明する形で対談が進められた。


expo最新情報は・・・SEXPOTセックスポットロングTシャツ[ EXTORTION RABBIT ]SA02428-10107





 Web2.0の成功を最初のテーマに選んだオライリー氏。「Yahoo!やGoogle、Wikipediaはユーザーが作り出したコンテンツなどのインテリジェンスを集めることで成功した。米国では(写真共有サービスの)Flickrなどがそれに当たる」と述べ、ユーザーがインターネットサービスの開発や普及に密接にかかわるWeb2.0の特性を改めて強調した。

 オライリー氏はWeb2.0的なビジネスに最も成功している企業にGoogleを挙げ、「広告代理店が見向きもしないような点に目を付け、ユーザー1個人に訴求するサービスを生み出した。結果として、小さなWebサイトにも広告を提供し、新たなトラフィックを生み出すというある種のイノベーションを巻き起こした」と功績を称えた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


SEXPOTセックスポットロングTシャツ[ EXTORTION RABBIT ]SA02428-10107


◆expo関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆expo関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年11月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。