スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

つくばの豊胸手術訴訟:遺族「医師の資格問う」 臓器提供意思も実らず /茨城

ナノキュア RE90-100
 ◇遺体は司法解剖
 つくば市の美容外科医院で豊胸手術を受けた後に死亡した女性(当時50歳)の遺族が、執刀医の稲吉浩司医師(45)に約5790万円の損害賠償を求めた訴訟が26日始まった。遺族側は裁判を通じて「医師免許を持つ資格があるとは思えない」と問いたいと考えている。【立上修、山本将克】
 06年7月15日午後6時40分、東京都青梅市に住む女性の兄(54)の携帯電話が鳴った。相手は稲吉医師。「妹さんが病院に運ばれている」。兄は事態がのみ込めないまま、つくば市の救急病院に車を走らせた。
 妹が豊胸手術を受けていたことは、その日初めて知った。集中治療室の妹に意識はなく、声を掛けても反応がない。


美容外科最新情報は・・・超人気美容外科ドーズメディカルクリニックが院内販売用に、特別調合をした超本格最高級美容液...



口と腕に管が通り、体は冷たかった。「希望ありますよね」。尋ねた兄に、病院側の答えは「限りなく脳死状態に近い」だった。
 兄は集中治療室そばの面談室で稲吉医師に会っている。救急病院の診療記録には、2人のやりとりの記録が残る。
 稲吉医師は12年間、何百例の手術経験があると経歴を説明した。原因を尋ねた兄に「分からない。落ち度はない。段取りが悪かったことはない」と弁明し「(女性は)天涯孤独だと言っていた。手術費用はもらっていない」とも付け加えた。詰め寄る兄に沈黙する場面もあった。
 翌日、静岡県から女性の母(78)が駆け付けた。稲吉医師を交えて面談する予定だった。兄が携帯電話に連絡すると、稲吉医師は「今、八王子です...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


超人気美容外科ドーズメディカルクリニックが院内販売用に、特別調合をした超本格最高級美容液...


◆美容外科関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆美容外科関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年11月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。